ホームウェディングドレス・貸衣裳ラインアップ > 和装・着物

KIMONO

想いを紡いだ慶びの日に貴女らしい輝きを

BACK TO DRESS TOP

  • 鶴枝垂れ桜雲取り

    引き振袖では珍しい、精緻な総刺繍の柄ゆきで格調高い雰囲気。しだれ桜の中を鶴が舞う古典柄ですが、黒地に映えるパステル調の色彩を使用し、伝統の中にモダンさを演出。決して色あせない日本の伝統美を感じます。

  • 斜め取り草花に鶴

    色とりどりの四季花の中を優雅に舞う鶴。こっくりした赤字に箔使いの流水模様が華やかさを添えます。お顔周りに鮮やかな花々を配しており高砂のお席についた時も十二分な存在感を感じさせます。

  • 流水梅花鶴

    地厚で重量感がある高級織物「緞子」を使用した光沢感の美しい白無垢です。咲き誇る梅の花の上を舞う鶴の模様が織りで施され、嫁ぐ日にふさわしい神聖な雰囲気。角隠しで凛とした美しい日本の花嫁に。

  • 紺まりに扇面

    大ぶりの牡丹や、毬、扇面など吉祥を代表する文様を大胆に配した今までにない愛らしい御婚礼衣裳です。つややかな緞子地に数多の紋様を様々な箔や色糸を用い織り上げました。定番の古典柄でありながら、アンティークの着物のような独特の風合いのある逸品です。

  • 赤まりに扇面

    大ぶりの牡丹や、毬、扇面など吉祥を代表する文様を大胆に配した今までにない愛らしい御婚礼衣裳です。つややかな緞子地に数多の紋様を様々な箔や色糸を用い織り上げました。定番の古典柄でありながら、アンティークの着物のような独特の風合いのある逸品です。

  • 白熨斗に四季花

    大胆に配された束ね熨斗柄が印象的な色打掛。金刺繍で施された四季折々の花模様の中で一際目立つ、百花の王 牡丹がより一層艶やかに花嫁を引き立てます。打掛の中に着る掛下を疋田絞りのひわ色に、小物を紫の花柄に変えたことで正統派な印象を崩さずに個性を演出することができます。

  • 百花道長取地紋尽くし

    無限に咲き誇る四季の花々を愛らしくも古典的に描きました。色彩豊かに織り込まれた瑞花と連綿と敷き詰められた金の地紋様が重なり合い重厚で豪華な印象の格調高いお衣裳です。華々しく際立つ鮮やかな色使いが晴れの日の花嫁様の表情を彩る西陣織の逸品です。

  • 鶴菱百花文 赤

    古来より富貴の象徴と言われ百花の王である牡丹と四季折々の花が咲き誇り大変華やかな印象を与えています。長寿の象徴として用いられることの多い鶴を菱形に文様化した鶴菱を道長取にデザインすることで古典的な雰囲気も漂わせています。華やかさと日本古来の古典的な雰囲気を併せ持つ逸品に仕上げました。

  • 鶴菱百花文 桃

    古来より富貴の象徴と言われ百花の王である牡丹と四季折々の花が咲き誇り大変華やかな印象を与えています。長寿の象徴として用いられることの多い鶴を菱形に文様化した鶴菱を道長取にデザインすることで古典的な雰囲気も漂わせています。華やかさと日本古来の古典的な雰囲気を併せ持つ逸品に仕上げました。

  • 梅翔鶴

    煌びやかな金箔で四季を彩る花々や吉祥紋様を織り込み、古来よりその端正な容姿から皆に愛され長寿を保つ吉鳥として尊ばれてきた白鶴が天に向かって舞いはばたく様を描きました。咲き誇る梅の色彩が、全体に優しい雰囲気を醸し出している西陣織の御婚礼衣裳打掛です。

  • 栄華競映

    紫と白のぼかし地に競い咲く花々を素描きと呼ばれる染めの技法で鮮やかな色彩を加えた引き振袖。色使いが大胆な引き振袖なのでグリーンの帯を合わせ爽やかな花嫁を演出。金地の帯を合わせると正統派な印象になります。刺繍が施された半襟は地色と同じ紫を合わせ、お顔映えするコーディネートです。

  • 紋服 黒羽二重

    黒羽二重の紋付羽織に仙台平の袴の正統派スタイル。白黒の袴ではっきりとした凛々しい印象に。花嫁の「嫁ぎ先の家風を引き継ぎます。」と言う白無垢に対して、黒紋服は「何者にも変えられない強い意志」を表しています。

  • 紋服 白大和

    金の漆の箔を織り込んだ紋服。シルバーにぼかしが入った袴を組み合わせ、華やかさを出しています。引振袖の黒と対照的な白紋服で合わせるとお二人とも明るく華やかな印象に。